外科

一般的な外科処置を行います

切り傷や擦り傷、咬傷、やけどなどの外傷から、捻挫、打撲、骨折、おでき、皮下腫瘤の切除などの外科処置を行っています。けがをなさった際は、感染症を防ぐためにも、早めにご受診ください。

湿潤療法を実施

当クリニックでは、外傷や軽度の熱傷に関して、消毒液とガーゼを使わない「湿潤療法*」を用いて、患者さまの苦痛を軽減させた創傷管理を目指します。また、小さな腫瘤の摘出術などの小手術も局所麻酔下で行いますので、お気軽にご相談ください。

*湿潤療法とは
湿潤療法とは傷を消毒して乾燥させ、瘡蓋(かさぶた)を作って治すこれまでの治療とは異なり、傷口を水で洗い流し、創面を専用の創傷被覆材(ドレッシング材)で密封する方法です。消毒によって傷を深くすることが無いので、痛みも少なくて済みます。「自己治癒能力」を最大限に生かす治療法であり、けがの治りが早く、痛みが少なく、しかもきれいに治るという特徴があります。湿潤療法の原則は、傷を「水でよく洗う」「消毒しない」「乾燥させない」の3つです。

スポーツ外傷

スポーツで負ったけがの治療は、一般のけがの治療とは異なる側面があって、やや特殊ですので、スポーツ外傷に関する知識と経験が豊富な医師にお任せいただいたほうが安心です。

小児外傷

発達途上にある小児の体には、成人とは違った独特の構造や特性が備わっています。そのため、小児外傷の治療にあたっては、小児に特有の配慮を要します。そんな小児の外傷についても、ご相談ください。

当クリニック外科の主な診療内容

当クリニックの外科では、家庭でのケアが難しく、しかし大きな病院に行くほどでもないけがの診療を行います。

外傷(切り傷、打撲、やけどなど)、ねんざ、褥瘡(床ずれ)、皮下腫瘤、陥入爪(巻き爪)、各種手術(腫瘤摘出)、頭部打撲、四十肩、肘内障、ゴルフ肘、テニス肘、狭窄性腱鞘炎(ド・ケルバン病)、坐骨神経痛、鼠径ヘルニア など