医師紹介

 

医師紹介

院長 三上 哲

院長経歴

  • 宮崎大学医学部医学科卒業後、順天堂大学付属病院、聖路加国際病院で勤務。
  • 救命救急センターに所属しチーフレジデント、エデュケーショナルチーフを歴任。
  • 老若男女年齢を問わず、また内科疾患から外傷にいたるまで多岐にわたる急性期医療に従事。
  • その後海外での診療実績をもち2017年5月より西麻布インターナショナルクリニック院長就任。

資格

  • 救急医学会専門医
  • 集中治療医学会専門医
  • 旅行医学会認定医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本旅行医学会
  • 日本抗加齢医学会

院長業績

執筆掲載書籍・翻訳
  • 医学書院 編 徳田安春 症候別”見逃してはならない疾患”の除外ポイント The診断エラー学
  • 羊土社 レジデントノート 【動きながら判断する!内科エマージェンシー】 発熱+気道症状(解説/特集)
  • 医学書院 JIM 【症候別"見逃してはならない"疾患の除外ポイントPart II】一過性意識障害(解説/特集)
  • 学研メディカル秀潤社 月刊ナーシング【医師に理由を聞いてみた よく出るコール指示の根拠 医師を呼ぶ?経過観察?どうしても悩むボーダーラインを解決】 不整脈のコール指示 「不整脈が現れたら報告」 「不整脈すべて」ととらえるのか、そうでないのか、この指示における医師のココロは?(解説/特集)
  • 照林社 編 石松伸一 急変対応のABCD
  • 照林社 編 石松伸一 アドバンスド創傷ケア
  • MEDIA MANBU Whenever shanghai 連続コラム執筆,などその他掲載多数

PROFESSIONAL AFFILIATIONS

Board Certified Member :
The Japanese Association for Acute Medicine
The Japanese Society of Intensive Care medicine
Qualified Member :
Japanese Society of Travel Medicine
Member :
The Japanese Society of Internal Medicine
Member :
The Japanese Society of Anti-aging Medicine
Member :
Japan Primary Care Association

PUBLICATIONS

ORIGINAL ARTICLE
  • 1. Akira Mikami; Sachiko Ohde; G.Deshpande; Toshiaki Mochizuki; Norio Otani; Shinichi Ishimatsu, Can we predict arterial lactate from venous lactate in the ED? Am J Emerg Med. 2013 Jul;31(7):1118-20.
  • 2. (in preparation) ABSTRACTs Akira Mikami; Shinichi ishimatsu, Outocome of derilium in intensice care unit stay in Japan, 12th Congress of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine, Seoul, South Korea (August2015)
  • Akira Mikami; Yoichiro Natori; Gautam. A Deshpande; Fumio Omata; Shinichi Ishimatsu, Risk factors for bacteremia in adult febrile patients in Emergency settings, International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, Brussels, Belgium (Mar 2015) (Accepted)
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu et al. A case report of targeted temperature management for cardiac arrest due to multi-vessel vasospasm . The 42th Annual Meeting of Japanese Society of Intensive care medicine, Tokyo, Japan (Feb 2015)
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu et al. WHAT PREDICTS SEIZURE AFTER CHRONIC SUBDURAL HEMATOMA? The 7h Asian conference of Emergency medicine, Tokyo, Japan (Oct 2013) (Accepted)
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu et al. The risk factors for blood culture contamination in Emergency department. IDWeek 2013 : A Joint Meeting of IDSA, SHEA, HIVMA, and PIDS, San Diego, CA, USA (October 2013) (Accepted)
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu et al. How to improve of resident education throughout orthopaedic cases in ER. The 40th Joint Scientific Congress of the Japanese Association for Acute Medicine, Kyoto Japan (Nov 2012)
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu et al. A new indicator in heat shock patient to assess the relation to infection. Annual Meeting of Japanese Society of Intensive care medicine, Tokyo, Japan (Feb 2012)
  • Akira Mikami; Manabu Sugita et al. A case report of Gittelman Syndrome with rapidly progressive electrolyte imbalance due to diarrhea. The 61th Kanto Meeting of the Japanese Association for Acute Medicine, Yokohama, Japan (Feb 2011)
BOOK CHAPTERS
  • Akira Mikami; Yasuharu Tokuda , Igaku Shoin, Tokyo 2016
  • Akira Mikami; The Japanese Nursing Journal. Gakken medical, Tokyo 2015
  • Akira Mikami; Yasuharu Tokuda, Journal of Integrated Medicine , Igaku Shoin, Tokyo 2015
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu, Paternalized rapid response ABCD, Shorin-sha, Tokyo 2014
  • Akira Mikami; SHinishi Ishimatsu, Resident Note, Yodo-sha, Tokyo 2013
  • Akira Mikami; Shinichi Ishimatsu, Advanced wound care for nurses. Shorin-sha, Tokyo 2012
  • Akira Mikami,;Natori, Y et al. Leishmaniasis. Davidson's Principles and Practice of Medicine 21 Edition. Edited by Kunio Toyama, Chapter of Infectious Diseases (translation in Japanese).

塩澤 迪夫

筑波大学卒業後、東京大学 泌尿器科で勤務。 千葉西総合病院や鎌ヶ谷総合病院を経て、東大病院におけるロボット手術の立ち上げに携わる。2018年より日赤医療センター勤務。 日赤非常勤勤務の傍ら、西麻布インターナショナルクリニックにおける勤務開始。
プライマリケアのみならず、慢性疾患における在宅診療を手がける

使用言語

日本語・中国語・英語

所属学会

日本内科学会、在宅医学会、日本泌尿器学会

非常勤医師紹介

塩澤 正之

獨協医科大学卒業後、順天堂大学付属病院 産婦人科勤務。
順天堂大学院卒業。
総合周産期医療センターや離島診療を経て、台湾へ留学。
基礎研究の傍ら、中華圏での邦人診療に携わり多言語での医療を提供する事を決意し、2016年 医療法人社団政松会を設立。
上海・台北を中心に医療を行う。

使用言語

日本語・中国語・英語

資格

医学博士、産婦人科専門医

所属学会

日本内科学会、在宅医学会、周産期新生児医学会、婦人科腫瘍学会